離婚手続きの方法!!これがすべて…

離婚手続きには主に以下の4種類の方法があります。
・協議離婚
・調停離婚
・審判離婚
・裁判離婚
そのうち現在日本では、
離婚届けの提出のみで成立する
協議離婚が約9割を占めています。

どの方法が最も自分に合っているのか、
一つ一つ特徴を確認しながら考えていきましょうね。

■協議離婚とは
夫婦間の話し合いのみで
財産分与や慰謝料等の離婚条件をお互いに合意し、
離婚届の提出で成立する方法です。
日本ではこの方法が最も一般的になっています。

■調停離婚とは
家庭裁判所に調停を申し立て、
調停委員の下で話し合いお互い合意の上で
成立する方法です。
日本では約1割を占めています。

■裁判離婚とは
相手が応じない場合、
夫婦どちらかが訴訟を起こし地方裁判所の介入によって
強制的に成立する方法です。
日本では全体の約1%ほどです。

■審判離婚とは
家庭裁判所が必要とみなした場合に、
強制的に成立させる方法です。
この方法は非常に稀です。

裁判に持ち込む場合とそうでない場合では、
費用や時間、精神的な面で大きな違いがあります。
ですが、ケースによっては正式な裁判の下
離婚を成立させた方が後々楽になることもあります。
しっかりと検討して、一番適切な方法を考えていきましょうね。





離婚届の書き方とは

どのような形にしても
離婚届の提出は必ず必要であり、
基本的な知識は押さえておきましょう。

■用紙はどこでもらえるのか?
どこの市区町村役場でももらえます。
書き間違うこともありますので、
複数枚もらっておきましょう。

■書き方のポイント
・夫婦2人の署名と捺印が必要です。
(法律上必ず本人が署名しなければなりません。)
・証人2人の署名と捺印が必要です。
(夫婦以外の20歳以上の証人2人となります。)
・子どもがいる場合は親権者の記入が必要です。
(記入がない場合は受理されません。)
・結婚する時に苗字を変えた方は、
離婚後の苗字を記入しなければなりません。
(結婚前の姓でも結婚時の姓のままでも可能です。)

■どこに提出するのか?
本籍地か現住所の市区町村役場に提出します。

■提出方法
・本人が直接提出する
・他人に委託して提出してもらう
・郵送によって提出する
以上の方法がありますが、
手続きも簡単で間違いが起こりにくいので
自分で直接提出しに行くのがよいでしょう。

離婚には精神的にも辛い手続きが多くありますが、
新しい生活のスタートに向けて
一つ一つ進めていきましょうね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。