お金について…これだけは決めよう!

離婚の際には
様々なことをを話し合わなければなりませんが、
お金については特にキチンと決めましょう。

主な点は、以下の三点です。
・財産分与について
・慰謝料について
・養育費について

熟年離婚では
子どもが既に成人している場合が多いので、
養育費については必要ないケースもあります。

財産分与では、
相手の財産を正確に把握しておくことが
スムーズに手続きを進める上で重要になります。
離婚を考え始めたら、
一度キチンと確認しておきましょう。

一刻も早く離れたいという思いから、
お金のことを全く話し合わないで離婚し
後々トラブルになるケースが多くあります。

離婚が成立してから話し合う場合、
精神的でも条件面でも非常に不利になり
本当に大変です。

お互い気持ちよく新しい生活に入れるよう、
お金についてはしっかりと話し合い
すべて決定してから
正式に離婚を成立させるようにしましょう。





財産分与できるものはコレ…

今回は、財産分与の対象となるものには
どのようなものがあるのか、確認していきましょう。

対象となる財産は預金だけではなく
いくつかの種類があります。

主要なものは以下の通りです。
・預金
・有価証券や投資信託
・家などの不動産
・退職金
・年金
・会員権


その他にも芸術品など高価なものは、
対象とされる場合もあります。
基本的な考えは、
夫婦生活の上で2人の財産として築いてきたものを
分割するということです。

また、慰謝料と違い財産分与は
2人の財産を1つずつに分けるという
単なる手続きですので、
離婚原因などに関わらず受け取れます。

新しい人生を始める上で、
経済力は大変重要になります。
男性も女性もしっかりと話し合い
今後のために備えましょうね。

次回は財産分与の対象外となるものを
確認していきましょう。


タグ:財産分与
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。