別居するには

離婚を考え始めたら、お互いの合意の下
一度別居してみるとよいでしょう。
しばらく離れて暮らすことで、
頭を冷やして自分達が置かれている状況を
冷静に判断することができ
その後の離婚手続きもスムーズに進むことが多いようです。

お互いの存在を無視した家庭内別居状態が続くと
離婚を切り出すことも難しく
話合いができない状態では、
関係がさらに悪化してしまうこともあります。
また、そういった環境は子どもに大きな精神的負担がかかり
大人が考える以上に、子どもは敏感に空気を察知するものです。

逆に、別居することで
長い間一緒に暮らしてきた相手の存在の重要さに気づき
離婚を取りやめるケースも少なくないようです。

注意すべきことは、
お互いの合意なく一方的に別居し始めた場合
離婚手続きにあたって不利になることがありますので
十分に気をつけましょう。

また、別居期間中であっても
夫は妻子に生活費を保障する義務があります。
一つの家庭で暮らすよりも
経済的負担は大きくなりますが、
離婚後は養育費や慰謝料などが発生しますので
そういった状況で生活していけるのか
しっかりと考えていきましょうね。





別居期間中にすること

別居中期間というのは
離婚後の生活に備えて、
準備、練習期間として非常に大切な時間です。
今回は、別居期間中にした方がよいことを考えていきましょう。

■生活費について
長い間専業主婦であっても、
離婚後は完全に自立した生活をしていかなくてはなりません。
生活費はどうするのか計画を考えましょう。

■就職先について
離婚後の就職先はどうするのか考えましょう。
熟年離婚の場合、お互いに高齢であることが多いので
再就職にあたっても
非常に苦労する可能性があるということを
理解しておきましょう。

■新しい住まいについて
新しくアパートを借りる場合、
どこに住むのか、家賃、入居時の資金などはどうするのか
考えていきましょう。

■離婚手続きの知識を深める
お互いにとって最も適切な形で
よりスムーズに離婚手続きを進められるよう、
インターネットや本で調べたり
周りに経験者がいる場合は話を聞かせてもらうなどして
知識を深めておきましょう。

熟年離婚というのは、若いときと違い
経済面、生活面や精神的にも大きな負担となります。
自分にとって一番良い道なのか
冷静に考えてみることが大切です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。