調停に持ち込む方法とは?

夫婦間での話し合いで離婚が成立しない場合、
調停を申し立て調停員の下で
合意点を探していくことになります。

裁判所というと、
つい敬遠してしまう方が多いようです。
しかし調停というのは費用も千円前後で済み
当然プライバシーも守られるため
スムーズに話し合いが進まない場合は
利用した方がよいでしょう。

調停を申し立てる手続き
家庭裁判所の窓口に「夫婦関係事件調停申立書」
とうものが備え付けてあります。
必要事項を記入し、
下記2点を窓口へ提出すれば手続きは完了です。
・夫婦関係事件調停申立書
・夫婦の戸籍謄本(1通)

申立人について
→妻or夫のどちらか(※第三者が申し立てることはできません)
お互いの合意がなくても、
妻または夫どちらかが申し立てれば
調停に持ち込むことができます。

弁護士について
→必ずしも必要ありません。
財産や慰謝料などの問題で
どうしても不安な場合はお願いしましょう。

第三者の専門家が間に入ってくれることで、
財産や親権を巡って泥沼の争いになることを避けられます。
精神的な負担を軽くするためにも
一度検討されてみてはいかがでしょうか。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。