離婚届を受理されない方法

離婚届を相手に勝手に提出されたり、
勢い余ってサインしてしまった後
やっぱり取りやめたくなったなどの場合には
どうしたらよいのでしょうか。

■不受理届
事前に自分で役所へ行き、「不受理届(ふじゅりとどけ)」
というものを提出しておくことによって
その後相手が離婚届を提出しても
無効とすることができます。

■期限
上記の不受理届は、
提出日から半年間が期限となります。
半年以降も有効にしておきたい場合は、
再度役所へ行き手続きをする必要があります。

■取り下げるには
不受理届を出した本人が直接、
「取下書」というものに署名と印鑑を押し
役所へ提出することによって取り下げることができます。
その後、通常通りの方法で
離婚届を提出すれば受理してもらえます。

上記の方法は、話し合いもなく一方的に
離婚を成立させられてしまう恐れがある場合には
活用した方がよいでしょう。

ですが、離婚したがっている相手に取り合わず
長い間このような方法を取ることは、
調停や裁判に持ち込まれることもあり
あまり賢い選択とはいえません。

状況をしっかりと把握し、冷静に対応しましょう。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。