離婚後の苗字はどうする?

結婚の際に苗字を変えた方は、
離婚にあたって
いくつかの手続きを取らなくてはなりません。

まず、離婚後に名乗る苗字には
いくつかの選択肢があります。
手続き方法と一緒に確認していきましょう。

■旧姓に戻る場合
今までは最も一般的であった方法です。

→離婚届に記入することで、
結婚前の戸籍に戻ることになります。

■結婚中の苗字をそのまま使う場合
子どもの苗字変更への配慮や
仕事上、あるいはプライバシーの問題から
近年はこの方法をとる方が増えているようです。

→離婚後3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」
というものを役所に提出します。
自分を筆頭者とした戸籍を
新たに作ることになります。

近年は結婚しても仕事を続けている女性が多く、
特に子どもにとっては
親の離婚によって苗字が変わることは
大きな負担であるため
苗字を戻さない傾向にあります。

相手の許可なども必要なく、
簡単な手続きのみでよいので
一度検討してみてはいかがでしょうか。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。