親権者の決定方法/基準とは?

夫婦の話し合いで親権者を決められない場合は、
調停や裁判によって決定されます。
子どもの親権について

今回は、実際の調停では
どういった基準で決められるのか
確認していきましょう。
具体的には以下のポイントから判断されます。

■子どもの希望
子どもが15歳以上の場合は、
本人の希望も考慮しなければなりません。
また10歳未満で幼い場合は、
母親との触れ合いが必要とされ
親権を判断されることもあります。

■周囲の協力者の有無
実家の祖父母など、
育児に協力してくれる人がいるかどうか
ということが重視されます。
親が働きに出ている間、
子どもの面倒を見てくれる人がいることは
とても重要になります。

■経済力
経済力は養育費によって補われますので
親権者の決定においてはあまり重視されませんが
一応判断基準になります。

■父母の健康状態
身体的にも精神的にも健康であるかどうか、
重要な基準になります。
働ける身体であり、しっかりと
子どもと向き合える精神状態であることが重要です。

まずは子どものことを第一に考え
落ち着いて話し合った上で、
最善の方法を考えましょうね。





タグ:親権
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。