どんなとき慰謝料を貰えるの?

今回は、慰謝料はどういう場合に請求できるのか、
確認していきましょう。

一般的な協議離婚で、お互いの合意の下
価値観の違いといった原因で離婚する場合は、
請求することができません。

暴力や不倫など
相手に一方的に原因がある場合、
請求することができます。
また、その他にも
極度な精神的負担を強いられたなど
常識的に考えて確かに相手が悪い場合は
請求できます。

■平均的な額は?
一般的な金額は、
財産分与の額と合わせて考えられます。

実際の平均額は、以下のようになっています。
・結婚生活1年程度:約100万円前後
・5年程度:約250万円前後
・10年程度:約350万円前後
・20年以上:約700万円前後
※慰謝料と財産分与の合計額です。
また、平均額ですのでこの限りではありません。

離婚において金銭面の取り決めは、
最も話がこじれやすいことの一つです。
早く合意できるよう、
お互いに冷静になりましょうね。





タグ:慰謝料
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。