内縁関係の場合は?

内縁関係とは、お互いに結婚の意志があり
実際に夫婦生活を送っているが、
何らかの事情で婚姻届を出していない夫婦のことです。

一緒に暮らしていても、
お互いに結婚する意思がない場合は
ただの同棲ということになり
内縁関係とはいいません。

今までは正式な夫婦でなければ、
法的な保護などは受けられないことが多くありました。
しかし近年婚姻届の提出のみでは
一概に判断できないという傾向が強くなり、
一部ではありますが
適用を受けられるようになりました。

内縁関係の場合は、
お互いに合意すればすぐに別れることができます。
しかし一方的に関係を破棄された場合は、
通常の離婚と同じように
調停や裁判を行うことができます。
実際の調停でも内縁解消において
財産分与の請求を認める判例が多く出ています。

財産分与についても、
正式な夫婦の離婚と同じように
当たり前の権利として手続きが必要になります。

内縁関係だったからといって、
すべて我慢してしまう人が多いようですが
離婚の際に不利になることはありません。

安心して手続きを進めて行きましょうね。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。