別居するには

離婚を考え始めたら、お互いの合意の下
一度別居してみるとよいでしょう。
しばらく離れて暮らすことで、
頭を冷やして自分達が置かれている状況を
冷静に判断することができ
その後の離婚手続きもスムーズに進むことが多いようです。

お互いの存在を無視した家庭内別居状態が続くと
離婚を切り出すことも難しく
話合いができない状態では、
関係がさらに悪化してしまうこともあります。
また、そういった環境は子どもに大きな精神的負担がかかり
大人が考える以上に、子どもは敏感に空気を察知するものです。

逆に、別居することで
長い間一緒に暮らしてきた相手の存在の重要さに気づき
離婚を取りやめるケースも少なくないようです。

注意すべきことは、
お互いの合意なく一方的に別居し始めた場合
離婚手続きにあたって不利になることがありますので
十分に気をつけましょう。

また、別居期間中であっても
夫は妻子に生活費を保障する義務があります。
一つの家庭で暮らすよりも
経済的負担は大きくなりますが、
離婚後は養育費や慰謝料などが発生しますので
そういった状況で生活していけるのか
しっかりと考えていきましょうね。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。